概 要

About us

『山陰まんなか観光局』

正式名称:一般社団法人中海・宍道湖・大山圏域観光局は、
中海・宍道湖を囲む5市(出雲市・松江市・安来市・米子市・境港市)とオブザーバーとして参画する大山圏域の鳥取県西部7町村(日吉津村・大山町・南部町・伯耆町・日南町・日野町・江府町)で構成された『中海・宍道湖大山圏域市長会』と、5市の商工会議所、商工会で構成された『中海・宍道湖・大山ブロック経済協議会』、5市の観光協会で構成された『中海・宍道湖観光協会会議』の3つの組織を社員とする一般社団法人として設立しました。令和元年4月1日、島根県と鳥取県に跨る中海・宍道湖・大山エリアで活動する観光地域づくり法人として一般社団法人となり、同年8月から観光庁の日本版DMO(Destination Management Organization)に登録されています。

構 成

構 成 員
中海・宍道湖大山圏域市長会
中海・宍道湖・大山ブロック経済協議会
中海・宍道湖観光協会会議
オブザーバー
鳥取県西部町村会
map

沿 革

平成28(2017)年
7月14日
中海・宍道湖・大山圏域市長会、中海・宍道湖・大山ブロック経済協議会、中海・宍道湖観光協会会議の3団体で構成する「中海・宍道湖・大山圏域インバウンド機構」を設立
平成28(2017)年
11月28日
観光庁の日本版DMO候補法人として登録
平成31(2019)年
2月
中海・宍道湖・大山ブロック経済協議会を母体とする中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会を発展的に解消し統合
平成31(2019)年
4月1日
一般社団法人化に伴い改組し「一般社団法人中海・宍道湖・大山圏域観光局」に名称変更
令和元(2019)年
8月7日
観光庁の日本版DMOとして正式登録